体を、心を、脳を運動で健康に - 重松研究室

身体活動や運動によって健康づくりを実現する研究をおこなっています。

ニュース
○昨年度までの卒論・修論の題目をまとめました。

○2021.6.5、小学校から高校にかけてのスポーツ専門化やスポーツ傷害の実態を、後ろ向き研究デザインで調査した結果をまとめています。この内容は今年度より採択された科研費の研究と関連しています。内容を発表できる段階になりましたらお知らせします。

○2021.5.18、パーキンソン病の患者にスクエアステップを安全に適用できるのかを検討するプロジェクトがスペインで計画されました。適用できることが分かったら、バランス能力と転倒予防に効果があるかを検討することになっています。論文はこちらからご覧いただけます

○2021.4.23、第76回日本体力医学会大会を9月17日(木)〜19日(日)に三重県立総合文化センターで開催することになっています。私は大会実行委員長を務めており、オンサイトでの開催に向けて準備を進めています。一人でも多くの方にご参加いただきたくご案内申し上げます。

○2021.4.11、科研費の基盤Cに採択されました。題目は「スポーツ庁ガイドライン策定後における運動部活動の傷害予防に向けたリスク要因の探索」です。今年度から3年間、進めていきます。

○2021.4.1、中京大学スポーツ科学部に着任しました。三重大学教育学部には19年間、お世話になりました。中京大学の豊田キャンパスで頑張ります。

以前のニュースはこちら。
研究について
 ○ミッション
  身体活動・運動でベターライフを送ってもらいたい。
 ○ビジョン
  安全に身体活動・運動を楽しむ人を増やしたい。
 ○バリュー
  新奇な視点で身体活動・運動の問題を解決しよう。

現在の研究テーマ
 ○運動部活動中の傷害予防
 ○スクエアステップの普及
 ○アウターソールとランニング

卒論生、大学院生募集
 ○世界一ユニークな研究アイディアを実現しましょう。
 ○大学院生は他大学以外からの進学も大歓迎です。

重松について
 所属先のサイト(工事中です)
 履歴案内
 Publication
 研究論文
 research map
 中学~大学まで競泳に励み、インターハイ出場、国体入賞しました(自由形短距離)。